初めての身障ドライバー

■はじめに

病気や怪我の影響で体に障害を負った方が、自動車免許を取得する。また退院後に運転を再開させる。このような希望を持った方はたくさんいます。

当会へは、このような希望を持った方からの相談が年間で約2000件ほどあります。

日常生活で運転を必要とする方をはじめ、運転する仕事に復帰したい方、生きがいの一つとしての運転などなどニーズは様々です。

他方、日本では交通事故に対する批判は近年高まり、てんかん発作による事故や認知症や加齢による自動車事故が日々報道され、高齢者や障害者の免許制度は改正のたびに厳しさを増しています。

また、運転を支援する医療機関や従事者も減少しており、運転に対して積極的に応援してくれる病院は多くありません。「運転は止めてほしい」と考える病院の方が多いと当会は考えています。

運転免許の取得や運転の再開は、残念ですが相当な困難が伴いますし、実際に病気や障害のあるドライバーは年々減り続けています。

下表のように、身体障害者用車両限定(手動式限定や左アクセル限定等)の免許保有者数は、毎年数千人規模で減少を続けており、2019年には4千人超の現象となっています。減少の理由については不明と言わざるをませんが、当会の経験から、社会的要因(家族や医療機関からの反対や当事者の孤立化による情報不足。事故の経験など)があるのではないかと想像しています。

身体障害者に対する条件付き運転免許の保有者数の対前年比の増減人数(警察庁資料より当会集計)

高齢ドライバーの自動車事故の原因と言われ着目されている要素は「身体能力の低下」と「認知機能の低下」です。この要素はそのまま身障ドライバーにも当てはまります。

筋力が低下してゆく病気や体の麻痺や可動域の制限、脳卒中や脳外傷による認知機能低下などです。

このようなネガティブな話しから始まりましたが、昭和35年の身体障害者の欠格事項廃止以降、大勢の身障者が自動車免許を取得して運転を継続していることも事実です。

その大きな理由は「支援者の存在」「支援体制」「社会の受容」等であると私たちは考えていますが、この3つの要素は、現代社会では消えてなくなってしまいました。

当会では、この失われた要素を少しでも補うことを目的にボランティア活動を行っています。

■「安全な運転」とは?

「安全な運転」という単純な言葉ですが、どういう意味なのか?考えてみると意外に難しいものですし、人や立場によって見解は多様です。

当会が考える「安全な運転」とは「事故を起こさない運転」です。

自動車の事故は、避けられる事故と避けられない事故があります。

急な飛び出しで物理的に止まることも避けることも出来ない場面では、事故を避けようがありませんが、少なくとも避けること可能な事故については、ドライバーの責任で回避できます。

どうすれば事故を起こさない運転が出来るのでしょうか?

交通違反をしない
制限速度や一時停止、信号などは、仮に全員が間違いなく順守できれば、多くの事故を防ぐことが出来ますが、そもそも人間は常にルールを順守できる脳を持っていません。持っていたとしたら、それは秀でたの能力(才能)の持ち主です。従ってルールを順守する能力が低下する病気や障害があればなおのこと、順守は困難になります。例えば信号を守りたい気持ちがあっても、信号機を見落としてしまっては、ルールは守れません。一時停止を守りたいと思っていても、標識を見落としてしまっては事故は避けられません。交通ルールを守ることと人間の高次の認知機能には大きな関係があるのではないでしょうか。
ぶつかる前に止まる
事故を回避するために必要なことは次の二つの要素を満たすだけで十分です。一つは「ぶつかる前に止まる」もう一つは「ぶつかりそうだと出来るだけ早く気付く」ことです。ぶつかる前に止まるには身体能力が重要です。急停車のために十分な力でブレーキを踏み込むことのできる筋力と、ブレーキを踏むまでの反応する能力が問われます。ハンドルで避けるには、急ハンドルを切ることのできる十分な筋力が必要ですし、急ハンドルを切ってもきちんと座席に座り続ける筋力も重要です。片手でハンドルを操作する方は、両手で操作する人よりも大きな筋力が必要なことはお分かりの通りです。

上の二つの要素は当たり前のことだと誰もが感じるはずですが、体に病気や障害があると、ケースによってはそれらが出来なくなってしまうことがあります。

例えば、体の麻痺や切断、筋力が低下する病気などであれば、適切な運転操作に必要な身体能力が低下し、「ぶつかる前に止まる」ことが出来なくなりますし、認知機能障害があれば、交通違反をしないために必要な注意力や確認、感情のコントロールなどが低下して、結果的に事故を防ぐことが出来ないケースもあります。

また、進行性の障害や病気では、今は運転できるけど、そのうち出来なるという日がやってきます。

 

■「私は運転できますか?」それは誰にもわかりません。やってみなければわからない。

このような内容が当会に寄せられる一番多い相談です。

自分自身が今後も自動車を運転することが出来るのか?出来ないのか?免許が取れるか取れないか?

これらの質問に対して、当会では以下のような助言をしています。

①出来るかどうか迷っているということは、出来ない場合の代替移動手段に何らかの当てがあるということではないでしょうか?そのような代替手段があるならば、リスクの高い運転を選択する必要はないのではないでしょうか?世の中には車を運転せずに暮らしている人もたくさんいます。

②「運転」というものをどのように考えるかで、結論は変わってきます。自動車は所詮道具にすぎません。それを使うのは人間です。道具をどう使うかは人間次第です。包丁は魚をさばくのに便利な道具ですが、使い方を誤れば人を殺す道具にもなります。

■身障者の自動車運転への道は険しい挑戦です。

身障者が自動車免許を取得したり、受傷後に運転を再開させることは、スポーツに例えることが出来ます。つまり、出来るか出来ないかはやってみなければわからないし、それは挑戦です。当会は何万人もの身障者をサポートしてきましたが、無事に運転にたどり着いた人もいれば、途中で断念した事例もあります。また、運転にたどり着いたとしても、その後長い間に渡って事故もなく運転を継続できた人がいる一方で、あっという間に大きな事故を起こして人を傷つけてしまったり、危険運転致死傷罪で刑務所にいる人もいます。つまり、あなたが希望する免許取得や更新の夢を実現できたとしても、必ずしもハッピーな人生を送るとは限らないのです。残念ですがこれが現実です。

■それでも自分には免許が必要だという方へ

ここまではネガティブな情報ばかりが強調されてきたように思いますが、これが現在の身障ドライバーの現実ですので、ぜひ最初に知ってもらいたいと思ってご案内致しましたが、それでも「自分は免許が必要だ」と考える方は是非このホームページを隅から隅までお読みになって、まずは知識として学んでください。そしてわからないことや困った事があれば当会まで相談してください。

■何よりも大切なこと

困難を乗り越えて免許証を手にすることが出来た。いよいよ新たなドライバー人生の始まります。しかし、これからが一番大切です。運転を始めるあたって絶対に守ってほしいことがあります。

免許を持っていることと実際に運転するかしないかは別問題
「免許証を手にすること=安全に運転できることの証明」ではありません。運転するかどうかは本人が決めることです。本人が決めることなので、全ての責任は本人が負います。免許証は手に入ったけど自信が持てない。気を付けるよう助言を受けている、などの場合は、すぐ運転する必要はありません。自信が持てるようになるまで、また受けた助言の内容が改善できるまでトレーニングやリハビリを頑張りましょう。だからと言って免許を返納する必要はありません。免許証は運転だけでなく様々な場面で使い道のある証明書です。練習、練習、また練習特に病気や障害で退院した後に運転を再開する場合や、新たな運転補助装置を使う場合は、練習が不可欠です。車いすからベッドに移乗したり、一人でお風呂に入れるようになったのは、病院でリハビリ(練習)をしたからに他なりません。自動車の運転は、ベッドへの移乗やお風呂よりもはるかに難易度の高い作業であり、失敗すればご本人だけでなく他人をも傷つけてしまいます。練習せずに運転を再開することは、独学でベッドに移乗するより危険です。練習の仕方については安全な自動車運転のためにを参考にして下さい。
常に自分の障害を意識する
自動車を運転することで「自分の障害を忘れることが出来る」という人がいます。その通りだと思います。普段は車いすや杖を突いて道路を移動しても、健常者に追い越されたり、残念ながら邪魔扱いされることも少なくありません。しかし、自動車の運転ならば、健常者と対等に移動することが出来るようになります。しかし、この点はその通りなのですが、実際に身体障害が消えたわけではないのです。厳しい言い方ですが、多くの身障ドライバー、もう何十年も事故も起こさずに運転を継続している人たちは、常に自分の障害を意識して運転しています。障害の部位や程度によって、健常者にはない苦手な運転場面というのは必ず出てきます。何十年も安全運転している身障ドライバーの共通点は、「自分が苦手とする場面に出くわすことがないように、常に注意して運転している」のです。だから、常に自分の体を意識して、自分の身体障害ではどんな運転場面が苦手なのか?それを知ることが不可欠です。そして、自覚することが出来れば対処が可能となり、結果として末長く運転を継続することが出来るようになります。
身障ドライバーと高齢化
高齢ドライバーの自動車事故が大きな社会問題になっています。加齢の影響で体が衰えることが主な原因と言われています。彼による体の衰えは人間であれば避けようのないことです。体の衰えや認知機能の低下は、安全な運転に必要な「危険の予知や察知」「事故回避操作」に影響を与えます。近年では高齢ドライバーへの厳しい批判や、それに伴う免許制度の規制強化などが75歳以上の高齢ドライバーに課せられていますが、高齢と身体障害が重複する人たちはどう考えたらいいのでしょうか?このテーマについては現在では社会的なテーマになっていませんが、今から当事者自らが考えなければ、遠からず規制強化の対象となるであろうことを当会は心配しています。高齢ドライバーの規制強化も、「当事者が自覚をもって事前に対処していれば」十把一絡げの法改正や社会からの大きな批判にはならなかった可能性は大いにあります。これからも身障ドライバーが存在し続けるために、あえてこのような問題提起をしています。
「運転」とは、所詮はいつかは辞めなければならないという現実。自動車運転依存症にならないために
ご自身の運転生活の最期について考えたことはありますか?死ぬまで運転し続けることは事実上不可能です。自動車免許制度上、免許の最期は次の3つのパターンのいずれかになります。①事故を起こして取消し。②更新時に試験が不合格で取消し。③自主返納。です。いずれの場合も元気なうちに選択しなければなりません。つまり、いつかは車のない生活を送らなければならない日がやってきます。①や②のケースで突然免許が失われてしまったら、その後どうやって生きてゆけばいいでしょう?だからこそ、若いうちから「車のない生活に向けての準備」が必要です。どこで暮らすか?誰と暮らすか?などの基本的な生活設計や、車依存にならないよう気を付ける習慣が欠かせません。自家用車はとても便利な道具ですので、持っていれば使いたくなるのは当たり前。だからといってなんでもかんでも外出の手段を車に依存することは、将来の自分の首を絞めることになりかねません。自家用車を持っているからこそ、出来るだけ自動車以外の移動手段を活用し、将来の車のない暮らしに向けて準備することが大切です。これは、障害者、高齢者に限らず、自家用車を保有するすべての方が考えなくてはなりません。当会に相談して来る方の中にも、自動車が無いと生きてゆけないと訴える人がいますが、自宅を訪ねると、駅もバス停も商店街もすぐ近くにある、ということを目にすることがあります。私たちはこういう人を「自動車運転依存症」と勝手に呼んでいますが、そういう人にならないよう、健常者はもとより、障害のある人も考えなければなりません。