身障者用運転補助装置の選び方

■運転補助装置の選び方

初めて運転補助装置を買うときは、結構戸惑ったり迷ったりすることが多いです。どこで注文するの?どれを選べばいいの?どうやって取り付けるの?など、心配なことがたくさんあります。

このページでは初めて運転補助装置を購入する方向けに、わかりやすくご紹介しましょう。

運転補助装置とは「自助具」+「自動車部品」

運転補助装置は、肢体不自由のある方が、その障害の部位や程度によって、自動車運転に必要な様々な操作を、健常者と同等に動かせ事が出来るよう、自動車に取り付ける部品です。

自動車の運転中は、障害者も健常者も運転者として同等の責任を負っていますので、健常者と同等の操作が求められます。

運転補助装置には、アクセルブレーキのペダルの操作を補う部品と、ハンドル操作を補う部品が主ですが、それ以外にも以下のような操作場面で必要となります。

ドアを開けて乗車する場面から始まり、運転を終了してドアを閉めるまでの一連の操作が、スムーズに行えることが大切です。

運転補助装置は自助具の一種ですので、同じ目的の道具でも、その形状の選択肢は実に多様です。

障害のある方は日常生活で様々な自助具を使うと思いますが、運転補助装置も同様に、様々な種類の道具から自分に最も合うものを購入することが一番大切です。

他方で運転補助装置は「自助具」でありながらも、自助具とは決定的に違っている道具でもあります。

それは「自動車部品」であるということです。

自助具であれば、自分が使いやすければどんな形でも構いませんが、運転補助装置の場合はそうはいきません。それは「車検」の基準を満たしていないといけないからです。

自助具のように、市販品を改造したり、自作することはできません。必ず専業のメーカーと相談して、「使いやすい」+「車検に通る形状と取付位置」を見極めて選びます。

稀にですが、DIYで改造したり、知識のないお店で改造したりすることで、車検に落ちた。という相談が寄せられています。

ドアの開け閉め
特に右上肢障害や右片麻痺の場合、社外からドアを開けることは出来ても、閉めることが困難という方は少なくありません。ドアを上手に締められないと、路上駐車中の場合には後続車の邪魔になったり、ドアが風にあおられたりすると危険です。ドアを左手で開けられるような補助具がありますのでぜひ使ってください。
キーシリンダー・ウィンカー・ライト・ワイパーなどのハンドル回りのスイッチ類
エンジンをかける。ウィンカーやライト、ワイパーのスイッチを操作する。これらの操作は両手で行うことを前提に設計されています。従って、運転中に片手しか使えない場合は、何らかの補助装置が必要になります。これらのスイッチ類は、走行中に使う場面が多いですので、運転中でも確実に操作できる形状と取付位置が重要です。
オーディオ・ハザードスイッチ・エアコン・ドリンクホルダー・シフトレバーなどのセンターコンソール付近のスイッチ類
センターコンソール付近にも、様々なスイッチが付いていますが、左手に不自由があったりすると、スイッチを適切に操作できませんので、必要に応じて改造を行います。また、病気によっては頻繁な水分の補給が必要な方がいますので、運転中はペットボトルなどの飲料を無理なく飲めるよう、ドリンクホルダーなどにも工夫を行います。
アクセル・ブレーキペダル
両足に障害があって、足でペダル操作が出来ない場合は、「手動式」「手動運転装置」「手動装置」などと呼ばれている、手でペダル操作が出来る補助装置を取り付けます。
左アクセル
右足のみに障害があって左足が健常であれば、手動式を使わずにアクセルペダルをブレーキペダルの左側に移設する改造を行います。

メーカーの選び方

日本で購入可能な運転補助装置メーカーは、国内メーカー2社、海外メーカー代理店2社の計4メーカーです。

それぞれのメーカーで使い心地や価格、アフターサービスが異なりますので、購入時は複数の会社へ相談することが重要です。

どこのメーカーも形が似ているので、どこでもいっしょ。と考えがちですがそれは違います。同じ手動装置や左アクセルでも、メーカーの違いによって運転できる人、出来ない人などが生まれます。

それでは、メーカー選びの注意点をいくつかご紹介しましょう。

車種に対応しているか?
装置メーカーによって、取り付け可能な車種が異なります。車を買ってから取付不能となると、取り返しがつきません。しっかり確認しましょう。また、装置だけではなくスイッチ類などの改造も装置メーカーによって対応がかなり異なります。
保証
通常、自動車本体には保証が付いていますが、運転補助装置の保証については、メーカーや代理店ごとに様々です。保証がないというところもあれば、1年保証、3年保証、何十年も保証がある会社もあります。運転補助装置は、自動車を改造して取り付けますので、製品そのものの強度の他、改造技術、スタッフの熟練度などが影響します。また、運転補助装置が壊れたりすると、交通事故に直結する危険が高まります。保証がある、長い期間設定されている、ということは、それだけメーカーは自信をもって販売していると言えるのではないでしょうか?重要な点は、メーカー単位ではなく、取付代理店ごとに保証規定が異なっていることがありますので、購入前に必ず確認が必要です。装置の故障、脱落など、あり得ないことですが、残念ながら起きています。
アフターサービス
購入を前提に電話などで相談した際に、自宅や病院まで出向いてくれる会社もあれば、こちらから出向かないといけない会社もあります。こちらから出向かないと対応できないような業者は余り親切と言えません。また、購入後には、自分の体形や障害の程度などによって、装置の取付位置等の微調整が必要になることがあります。このような時に無料で調整してくれるところと有料のところ、そもそも調整できないところなど様々あります。また、定期点検などの費用なども確認が必要です。(運転補助装置類は通常の車検では点検項目外になっていますので、都度装置メーカーで点検を受ける必要があります)

手動装置の選び方

手動装置には主に「フロア型」と「コラム型」、そして「リングタイプ」の3種類あります。

フロア型
一番普及しているタイプです。免許センターのシミュレータにも採用されていますので、このタイプを購入するケースが多いです。利点としては、手動レバーが体の左側(輸入車なら右側)にあるので、運転中の座位保持の支えとして、丁度よい位置にあります。欠点としては、特に近年は取付できない車種が増えている、足元スペースが狭くなる等があげられます。フロア型の手動装置を選ぶ最大のポイントは強度です。特に前後方向ではなく左右方向に力をかけた場合にも、ぐらついたりしないものを選びます。手動装置ユーザーの多くが両下肢に障害がある人たちですが、これらの方々は、運転中に座席から転倒しないように、常に右手のハンドルと、左手で手動レバーを手すり代わりにして、体を支えなければなりません。従って、手動レバーの横方向の強度(剛性)は非常に重要です。
コラム型
ハンドルの下にバイクのハンドルのように横向きに付いているタイプです。このタイプはフロア型が取付できない場合や、昔からこのタイプを使い続けている人などが主なユーザーです。利点としては、足元スペースが限定されにくいこと。ハンドルとレバーの位置が近いことなどです。但し車種によってはハンドルのチルト機構が使えなくなることがあるようです。なおコラム型に慣れている方が、いきなりフロア型を運転することはかなり難しいと言われています。
リング型
リング型はアクセル部分だけがハンドル外周に沿ってリング状に取り付けられており、リングを前方へ押すことで、アクセルを操作できます。ブレーキ部分は一般的に「コラム型」となっています。利点として、アクセルとブレーキが分かれていますので、アクセルと踏みながらブレーキをかける、等の操作が可能になります。また、多くが電子制御のアクセルとなっているため、取り付け車種の幅は多くなります。*写真はプッシュ式。
手動装置のグリップ
手動装置のグリップ部(握る部分)は、カタログなどを見ると1種類か2種類だけ載っているようですが、グリップの形状は、障害の状態や筋力、好みによって位置や形状向きなどが選べるようにっています。特に手首の位置や向きは、操作性に影響を与えます。例えば通常グリップを握ると手の甲が上を向きますが、人によっては手の甲が外側に向いていた方が使いやすかったり、逆に内側に向いていた方が良いなど多様です。自分に会ったものを選ぶには、購入前に一度現物を触ってみることをお勧めします。多くの方が、退院して一日でも早く運転したいと考えるので、何でもいいから手っ取り早いものを付ける、ということをしがちですが、それは間違っています。

旋回グリップの選び方

ハンドルを片手でスムーズに回すことが出来ように取り付ける装置です。「スムーズに回す」こととは、一般の運転ではなく、危険を回避しなければならい場面において「スムーズに」ということです。健常な頃から右手だけでハンドル回していた人も多いかもしれませんが、そういう人でも緊急時には両手でハンドルを回すものです。最近は免許条件として「旋回装置」が指定されることも多くなってきましたので、限定が付いたら取付は義務となります。旋回グリップには、脱着不能なものと可能なものがあります。健常な家族などが運転する可能性がある場合は、必ず脱着可能なタイプを選びます。グリップを付けたままグリップを使わずにハンドル操作を行うと、グリップと腕が干渉して、ハンドルから手が外れてしまいます。

座位保持に難のある両下肢障害や片麻痺のドライバーは、座位保持のための支えとして旋回グリップを使います。従って、健常な頃よりも大きな力がハンドル(旋回グリップ)にかかります。ほとんどのユーザーは、片手でハンドルを保持する際、ハンドルを前方に押すような力の掛け方をしますので、旋回グリップの銘柄などによっては取付強度が不十分で、旋回グリップが動いてしまったりズレてしまったりすることがありますので、製品選びには注意が必要です。

左アクセルの選び方

左アクセルは、免許条件としては「左アクセル等」と表記されていることが多いです。この「等」には、以下にご紹介する「ワンペダル式」なども含まれています。左アクセル装置はどのメーカーも2種類から選択するようになっています。左アクセルでの運転は、極めて難しい操作です。この2種類のうちどちらを選ぶかによって、慣れるまでの期間や、初期トラブル(踏み間違い事故)を減らすことにつながるでしょう。ポイントは「健常者の頃に使っていたペダルと同じ構造」の物を選ぶという点です。まずは、自分が運転していた車のペダルがどんな構造の物だったか確認します。

多くの方が値段につられてオルガン式を買うことが多いですが、日本車の多くは吊り下げ式です。過去に日本車を乗っていた方は注意しましょう。

吊り下げ式
アクセルペダルが車体上部からぶら下がっている形状のものを吊り下げ式ペダルと言います。多くの日本車は元々吊り下げ式のペダルが付いていますので、健常な頃に吊り下げ式ペダルを使っていた方は、左アクセルも吊り下げ式を選びましょう。
オルガン式
アクセルペダルが車体の床面から立ち上がるように取り付けてあるのがオルガン式ペダルです。このペダルは輸入車などに多く採用されている形式です。健常な頃にオルガン式ペダルの車を運転していた、という方は、オルガン式左アクセルを選びましょう。
ワンペダルなど
近年、ペダルの踏み間違いを抑止するためにワンペダル式というペダルが流通しています。元々健常な高齢者向けの製品ですが、もしあなたの、免許条件に「左アクセル」と記載されているならば、ワンペダル式の左アクセルを選ぶことが可能です。なお、当会の会員にこのペダルを使っている人はいませんので、使い心地などは不明ですが、国土交通省の資料(健常者向け)によるとナルセペダルについて、「通常のアクセル操作の方法が異なるため、本装置の操作には一定の習熟が必要です」と記載があります。